RECOMMEND
PR
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

任意売却エージェント.com

RERAgency株式会社が運営する任意売却エージェント.comのブログ。
担当者の小話など。
お客様のお話はお客様から許可を取って掲載しています。
<< 連帯保証人が破産したらどうなるのか? | main | 保証人と連帯保証人 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - |
    任意売却と個人信用情報について
    0
      JUGEMテーマ:任意売却・不動産売却
      任意売却を決断するのに引っかかってくるのがクレジットカードを作成したり、新規に車のローンを組むのに
      必ずと言ってあるのが信用調査です。
      CICやJICCで個人信用情報を信販会社が情報を収集して与信するのに使います。
      では、任意売却をすると個人信用情報はどうなるか??
      これは、ローンの契約状態によります。
      ここ最近のローンの一般的な契約はでご説明をしますと・・・
      任意売却をする場合、銀行がお金を貸してくれてますが、保証人の代わりになってくれているのが保証会社です。
      銀行は銀行で全銀連の個人信用情報に支払い状況を登録していきます。
      抵当権者の保証会社保証会社でCIC・JICCに登録をします。掲載内容は「保証委託」になります。
      少しづつ支払いが遅れたりすると全銀連の個人情報に遅滞の登録がされます。
      任意売却をする場合は、銀行は100%回収するために保証会社に弁済を求めます。
      保証会社は「代位弁済」として登録をし、以降の返済を一括にて借入していた人に求めます。
      返済できれば、そこで話が終わるのですが・・・
      「競売」「任意売却」の選択肢のどちらかを選ぶことになります。
      保証会社が債権を持ち続けていると・・・・  登録されたままになります。
      サービサーに債権譲渡されると・・・ 完済後5年で消えます。
      サービサーがCICの加盟業者であることが大前提です。全銀のデータも5年で消えます。
      任意売却にするメリットはここにもあります。
      平成28年6月17日 調査取材によりデータです。以降ルールや内規が変わる場合があります。
      | 任意売却 | 19:49 | comments(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 19:49 | - | - | - |